世界ブランドのクレジットカード

世界ブランドのクレジットカード

改正された貸金業法の施行によって、消費者金融などの貸金業者は二重、三重の苦境に立たされました。 総量規制の導入や貸付時の審査の厳格化によって、貸したくても貸すことが出来ない状況になり、 それによって顧客が減ってしまい収入が大きく落ち込みました。 また、仮に契約となった場合でも、かつて多くの利益を生み出していた「グレーゾーン金利」と呼ばれる高金利が廃止されたため、 貸金業者が受け取る利潤は極めて小さなものとなってしまったのです。

加えて、全国で相次いだ過払い利息の返還を求める訴訟などによって、 貸金業者及び貸金業界全体として出て行く資金は計り知れないものとなってしまいました。 そんな中でも、消費者金融は生き残りをかけて様々な商品を開発し市場に投入しています。

例えば消費者金融の大手であるアコムでは、一般的なクレジットカードの他にも、m/">最短で即日発行される、 世界ブランドでもある「MastarCard」が付いたクレジットカードを発行したりしています。 もっともこのMastarCard機能付のキャッシング用カード(アコムACマスターカード)は、改正貸金業法が施行される随分前にスタートしていましたので、 改正法施行後の困難を乗り越えるために登場したという種類のものではありません。 しかし、世界どこでも買い物が出来るようになる便利なMastarCard付クレジットカードは、持っていて損はないと言えるでしょう。

その他にも、例えば個人事業主専用のカードローンもアコムは取り扱っています。 これは、名前こそ個人事業主向けとなっていますが、そのローンの使途は限定されておらず、 借換えや総量規制適用外の借金を形成するために活用されています。 金利は、一般の無担保ローンよりは少し高めとなっているようです。

こうして、ニーズに応じた様々なクレジットカードやローンを用意しながら、 消費者金融各社は、顧客の獲得、及びかつての全盛期を思わせるような貸金業界の景気の回復を図っているのです。

ちなみにアコムをはじめ消費者金融各社では、Web上から簡単に申し込みや審査の結果が分かるシステムを導入しています。 以前は店頭やATMで契約することがメインでしたが、 現在ではパソコンのみならずスマートフォンなどからも簡単に審査の申し込みができます。 審査自体もできるだけ簡便に行われ、早ければ申し込み後30分程度にカードが手に入る即日発行も多くの業者で現在行われているようです。