債務整理というワードに馴染みのない方もいっぱいいると思いますが、自己破産、過払い金請求、任意整理など、借金に苦しんでおられる方が、借金を片付ける方法をひっくるめて債務整理と呼んでいます。ですから、債務整理の意味とは借金整理法の総称ということです。債務整理を行うことを家族に秘密にできるかは方法によってその難易度が変わってきます。
任意整理に限ってはその手続きを全て自分でやろうとさえしなかったら大抵は家族にばれずに済むでしょう。

けれども、個人再生や自己破産の場合は、 その手続きの際に世帯収入や資産を公開する必要があるため、そのうちばれてしまう可能性が高いです。勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと問題なく内緒にしておけます。
債務整理にはちょっとした不都合もつきものです。
債務整理に陥るとクレジットカードなども含めて融資を受けることができなくなります。

ですから、お金を借りられない状態に陥ってしまって、キャッシュのみで買い物をすることになるのです。これは結構厄介なことです。

借金の返済が不可能になって債務整理で借金を処分したのなら、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

なお、この期間ですが、JICCのケースでは、任意整理、個人再生、自己破産のどれもがおよそ5年の保存期間になります。
あるいは、CICならば、自己破産の情報は5年、その他の債務整理の場合は情報は登録されないようです。

この期間はブラック状態なので、借り入れできなくなるといった問題があります。弁護士および司法書士は、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は担当者本人が絶対に個別面談を債務者との間で行うことと、債務整理事件処理における規律についての規定を日弁連が発表しています。メールや電話で事前相談をする事もできますが、面談を会って行わないで弁護士や司法書士が依頼を受けたなら、この面談義務への違反となります。
節度ある使い方をしている場合、大変役に立つクレジットカードでも、ショッピングに利用し過ぎて借金地獄に陥る可能性があります。こうした状態になったら、債務整理をすることで、借金の元本やその利息を減額し、返済が可能な範囲に収めて完済を目指せます。

しかし、債務整理をした結果、カードが利用停止になりますし、カードで購入したものを会社が引き上げるケースがあります。掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、債務整理の種類によっては解約が必要なケースもあります。

具体的にいうと自己破産の場合は、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。
収入があり、返済する債務が残る個人再生の場合、原則として解約する必要はないものの、手続き時には解約返戻金は資産として扱われますから、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。

また、任意整理では原則的に解約は不要ですし、保険の解約返戻金が返済額の増加に結びつくことはありません。信用金庫でも農協でも、銀行が対象となる債務整理をすると、そこに口座を保有している場合は基本的に凍結されます。

凍結する理由は単純で、資産があるときに返済に充当するためです。

しかし、資産を失うかわりに債務が免責になる自己破産などの場合は、同じ預金でも残高が20万円を超えない範囲は本人のものとして残すことができ、20万円を超える預金のみ返済に充当されるのです。

任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利の引き下げや元金のみの返済ですむように頼むという公共機関の裁判所には関係なく借金を減らす手段です。ほとんどのケースでは弁護士とか司法書士が債務者の身代わりで相談し、毎月の支払額を減少させることで、借金を全て払える道筋がついてきます。

自己破産にしろ任意整理や個人再生にしろ、弁護士等に委任すれば諸手続きが開始されます。そこでもし依頼者の都合で中断して、無かったことにしたいと思っても、債権者に介入通知が到着してからでは、キャンセルすることは非常に困難です。とりわけ、裁判所に申し立てを行う自己破産の場合は中止はまず無理だと考えてください。

どの債務整理でも信用情報に記録は残りますし、納得いくまで考えてから弁護士や司法書士にお願いするようにしましょう。

債務の減額を目的とする任意整理を行う際は、委任契約から手続きが終わるまでの期間、司法書士や弁護士事務所などに毎月お金を積み立てるというケースがあります。

債務整理をお願いすると債権回収業者や金融機関への債務の返済が一時停止の状態になるので、そこで支払うはずだったお金を積立金として貯めていき、和解に至ったあとで成功報酬として弁護士や司法書士に支払うのです。債務整理をしたという知人かその一部始終を聞き知りました。月々がずいぶん楽になったそうですごく良かったです。自分にも数々のローンがありましたが、もう完全に返し終えたので私とは関係ありません。債務整理には欠点もありますから、全部返しておいて良かったです。

任意整理が終わった後、任意整理の打ち合わせをした業者から借金することは難しくなります。しかし、任意整理の後、色々なところで借りたお金を全て返し終わったら、5?10年も経過すれば、信用情報機関に登録してある情報がすべて消されますので、その後はお金を借り入れすることができるでしょう。
もし独身時代に借金を債務整理で処分し、ブラックになっている人は、入籍して配偶者の苗字になったところでブラックリストから名前が消えるということはありません。

審査が必要な金融サービスに申し込むと、業者は複数の個人情報から信用情報を調べるのです。

要するに名寄せを使っているのです。

これで分かるように、結婚で苗字だけが変わっても金融機関のサービスには制限がかかり続けるでしょう。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、あるいは任意整理だとか個人再生の経験がある人でも、生命保険に加入することについては自由に行えます。生命保険等の加入に際してはCICやJICCなどの個人信用情報を参照することはないですし、個人再生であれ任意整理であれ、債務整理実績を知られることもなく、事前にそれを確認する必要もありません。保険料さえ払えるのでしたら生命保険加入は、債務整理の有無に左右されません。
借金をなくす方法について